自動車の購入時に現金払いとローン払いの違い

自動車の購入時に現金払いとローン払いの違い

自動車の購入時に現金払いとローン払いの違い

自動車の購入時に現金払いとローン払いの違い

自動車を購入する時には現金支払いよりもローン支払いの方が得をするのでしょうか。日常生活において必需品となっているのが自動車であり、ほとんどの人が所有するようになっています。

 

人によっては通勤の手段として必須の存在になっていますし、普段から買い物や、人と会うために車がないと不便だという方もいます。働くためにも、日常生活を営むためにも、車はとても重要な役割を果たしていますが、車は高い買い物になりますので、まとまったお金がいります。

 

車を買うお金を捻出することが難しいので、買い換え時の車でも無理して乗り続けていたり、買いたいと思える車があってもぐっと我慢をせざるをえないということも珍しくありません。車は高い買い物になりますので、思い切った決断をしないと買うことができません。

 

新しく車を買う時は、現金でまとめて支払う人と、マイカーローンを組むという人とがいます。今も昔もローン支払いというのは、他人に借金をして、少しずつ返済をしていかなければならない為、悪いイメージを持っている人もいます。

 

しかし、自動車を購入する際には、現金による支払いよりも、ローン支払いの方がよりお得になる事もあります。車を買う時には、ディーラー側がどこまで値引きをしてくれるかも重要です。

 

ローンを組んで車を買う時は、現金で支払い時よりも、ディーラー側が値引きの要請に応じやすいようです。自動車のディーラー側からすると、一括で支払いをされると利益率が低くなるために、値引きをする余地がなくなってしまうという事情があります。

 

自動車ローンを利用すると、金利が支払い総額に上乗せされますので、それを見込んで割引率を高く設定することが可能になります。ローンの返済時に利息がつくことを加味して、車の値引き交渉を行うために、より安く車を購入することができるようになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ