ローンを利用した車の購入

ローンを利用した車の購入

ローンを利用した車の購入

ローンを利用した車の購入

申込みが簡単で、審査に通りやすいことから、カーローンを利用して自動車を購入するという人は大勢います。自動車を買う人の多くは、ローンを組んで自動車の購入資金をつくっているのではないでしょうか?

 

車一台を新しく買おうとするとかなりの出費になりますので、自動車ローンを組んで金融機関からお金を借りるというスタイルが定番です。自動車の販売ディーラーによっては、子会社にローン契約をさせるための金融会社を持っている場合もあります。

 

購入を検討しているお客に対して、子会社の金融会社が取り扱っている自動車ローンの利用をすすめる営業マンもいます。ローンの条件は色々なものがありますが、自動車ローンについては、残価設置型ローンというものがあります。

 

残価とは、何年後かに車を売却する時にいくらぐらいになるかを、あらかじめ設定しておくというものです。ローンの支払いも、その時までと決めておいて、返済の一部を車の売却で充当します。

 

残価設定型ローンのメリットは、最初から残価を除外してローンを組むことで、残価分の金額に炊いては利息をつけずに返済が可能になります。本来の自動車の価格から残価の分が差し引かれるため、完済までに必要な金額も小さくなりますし、利息も減額できるという利点があります。

 

購入した後は、一定期間経過した時に、その残価を一括で支払うか、手放して自動車を売却するかの選択に迫られることになります。

 

選択時に一括で残価をすべて支払えれば良いのですが、手放す方を選択をした時に、設定された残価分の価値がその車に無いと評価されれば、車を手放した上に足りない分を追加でお金を支払わねばならないというケースも発生します。

 

どんなローンを組めば、自動車の購入をスムーズに行うことができるのかは、個々人の状況によっても異なってきますので、よく考えることが大事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ